本文へスキップ
ペットの問題、一人で悩んでいませんか?

コラム

ペットロス

ペットロスは、ペットとの別れを考えたときに、すでに始まっています。
たとえば、15年ともに暮らしたペットが不治の病にかかった時、飼い主さんは、悲しみを覚えます。この悲しみは、ペットがまだ生きているのに、飼い主さんが「死」や「別れ」を思い浮かべたためにおきたもので、これもペットロスの一種です。このように、ペットロスは、ペットが生きていても起こるのです。
逆に考えれば、ペットとの別れを早くから、しかも継続的に考え続けることで、本当のペットとの別れの際に、必要以上に激しい悲しみや苦しみを受けずに済むとも言えます。

ペットを愛するあまり、ペットだけが、その飼い主さんの心の支えになっているというケースがあります。
このような方は、「ペットとの別れ」というテーマと正面から向かい合うことができないまま、ペットロスを迎えます。このような場合、とても辛く深刻な悲しみや苦しみを長く経験しつづけることになるのです。
ペットロスを早期からイメージする。ということは、つまり、今、ペットを飼いたいと思っている方は、今からペットロスを考え始めると、多くのことが見えてくるということです。そして、それは、自分が「ペットを飼えるか」ということにもつながります。
それは、「よく考えてみれば、自分は一人暮らしなのに、何日間も宿泊をともなう出張が多い」とか、「夫婦共働きでペットに餌をあげる人がいない」などです。
これらの問題を考えずにペットを衝動的に飼ってしまったら、そのペットは、すぐに、その飼い主さんとは暮らせなくなります。
このようなペットロスの場合、飼い主さんやその家族の心に大きな傷だけを残します。だからこそ、飼う前にペットロスを家族みんなで考えるのは、とても大事なことです。

でも、必ず、いつか「その日」は訪れます。そして、悲しみのないペットロスは、ありません。
ペットロスが悲しいのは、ペットと別れた瞬間、ペットが「愛を求めていた飼い主さんに、愛を教えるためにやってきた住み込みの家庭教師」であったことに気づくからです。師の恩は、山よりも高く、海よりも深いと言います。
ペットは別れの瞬間まで、飼い主さんに愛だけを教え続けて、去ります。
終生、何の見返りも求めず、 ただ愛の本当の意味だけを教え続けてくれたペット。
その気高さ、ひたむきさに心打たれるから、飼い主さんは、悲しいのです。
その悲しみは、ペットを愛した人にだけ許される特別な感情です。だから、ペットと別れたら、思い切り泣いてください。
あなたの悲しみ、あなたの涙は、これ以上ないほど純粋で、正しいものです。
でも、もし、自分ひとりで悲しみを受け止めることが辛すぎる時は、私たちがお手伝いします。私たちは、あなたの涙の味方です。

私たちは、飼い主さんの悲しみを共に分かち合うために、ここでお待ちしています


グリーフワーク

このページをご覧になっている方の中には、既に愛する子との悲しい別れを経験した方や、いつか来る別れの時を思って怖れや不安を感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか?
深い悲しみ、寂しさ、後悔、自責感、絶望・・・。愛するものを喪った時、私達は様々な痛みを感じます。まるで自分の身や心が引き裂かれるような強い悲しみや嘆き。それは「グリーフ」(悲嘆反応)と呼ばれるもので、愛情で結ばれた絆が死によって引き裂かれ、断ち切られたとき、私達に起こる自然な心の動きです。
生きていく以上、愛するものとの別れは誰しもが経験しなければならないことです。その別れの形は状況によって様々だと思います。でもペットを愛する私たちが感じる悲しみの質は、とても似通っているのではないでしょうか。愛しているからこそ、悔やみ、怒り、苦しみ、悲しむ・・・。でも見方を変えてみれば、それほどまで愛し愛される存在と巡り会い、絆を深められるなんて、奇跡のように素晴らしいことなのかもしれません。

「虹の橋」という詩をご存じの方は多いでしょう。作者不詳のまま世界中の多くの動物サイトに伝わっている詩です。人間と心から愛しあっていた動物は、もはや痛みや苦しみから解放され、一番元気なときの姿に戻って、天国の手前にある虹の橋で、愛する人といつかまた出会える日を待っている、といった内容ですよね。
そしてもう一つ、森山良子さん作詞の「涙そうそう」。こちらもとても有名な曲ですし、同タイトルで映画化されましたので、皆さんご存じのことと思います。もしご存じでない方がいらっしゃったら、是非一度お聞きになってみて下さい。亡くなった人への愛と感謝、会えないことの悲しみ、でもまたいつかきっと会えることを信じて生きていこうとする力強い想い。愛するものを失ってどんなに辛く悲しくとも、残されたものは、やはり生き続けなければならないのだなあと素直に感じさせてくれる歌です。

愛するものとの別れという悲しみが、完全に癒えることはないのかもしれません。何年たっても、いつも心のどこかしらが悲しく寂しい・・・。でも亡くなった子の存在は、その悲しみごと、いつしか私たちの一部となり、これからも共に生きて行ってくれるとは言えないでしょうか。それは新しい絆の形・・・。
愛するものを喪い、悲しみ嘆くことは当然の感情です。そしてまたその悲しみから回復する力を私達は持っているのです。必要なのは喪失体験によって呼び起こされた諸々の感情を整理し、その喪失を受容していくためのプロセスを通り抜けていくこと。「グリーフワーク」と呼ばれるこの作業は、とても大切なことですが、その道筋は一人でたどるには辛すぎるかもしれません。そんなときは、どうぞ皆さんの周りにいる大切な人々からの支えを受け取ってください。
私たちHAACのメンバーも、皆さんの心が少しでも楽になるようサポートできればと願っております。